副作用大百科のTOPに戻る


ソーパルメット副作用

ソーパルメットとは

ソーパルメット(Saw Palmetto)とは、ノコギリヤシのことです。ヤシ科のシェロ属の植物で、主に、北米大陸南部の大西洋側に生息しています。
原住民であるインディアンは、滋養強壮剤、精力増進剤として利用していました。因みに、インディアンには、ハゲが少ないとの報告があります。

ソーパルメットは、現在、前立腺肥大症(BPH)の治療や、育毛、発毛、薄毛予防などを目的とした健康食品として、広く活用されています。

男性ホルモンのテストステロンは、還元酵素の5αリダクターゼと反応し、さらに強い男性ホルモンである、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。この、ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンと比較して、ホルモン活性が10〜30倍と強く、これが前立腺に影響した場合には、前立腺肥大症を引き起こし、毛母細胞に影響した場合には、細胞の活動を低下させ、毛根の細胞分裂が不活発になり、結果として、髪が抜けると云われています。

ソーパルメットには、テストステロンからDHTへの変換を促進する、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があると言われており、結果として、前立腺肥大症の治療や、抜毛予防になると考えられています。
具体的には、ソーパルメットに含まれている、遊離脂肪酸や脂肪酸エステル等の油性成分が、5αリダクターゼの働きを阻害すると言われています。

尚、5αリダクターゼには、儀燭鉢況燭あり、ソーパルメットは、どちらにも効果があると報告されています。

但し、プロペシア(フィナステリド)の様な医薬品と言う訳ではありませんので、作用は穏やかで、その効果は個人差がある様です。

健康食品であるため、商品に具体的な効能は記載されることは、余りありませんが、以下の効能があると言われています。

・AGA(男性型脱毛症)の治療
・育毛、発毛、薄毛予防、抜毛対策
・前立腺肥大症の治療
・排尿障害の治療
・滋養強壮作用、精力増進作用
・肝機能の低下防止
・神経細胞の活性化促進作用

日本では、ノコギリヤシのサプリメントとして、購入することが可能です。

ノコギリヤシは、男性用ばかりでなく、女性用としても男性同様、加齢に伴う残尿、頻尿に対して利用されています。

ソーパルメットを使用した二重盲検法による育毛効果の臨床実験で、4〜6週間に、被験者の約90%に効果があったことが報告されています。

ソーパルメットは、サプリメントの様な服用タイプだけではなく、ソーパルメットシャンプーの形でも効果がある様なので、薄毛対策として、内側と外側の両面から対処すると、より効果的であると言われています。


ソーパルメット副作用

ソーパルメットの副作用は、ほとんどありません。極稀に、以下の様な症状があると報告されています。

・頭痛
・下痢
・軽い胃の不調
・吐き気

医薬品であるプロペシア(フィナステリド)は、ソーパルメットと同様の5αリダクターゼ抑制効果が強いためか、男性ホルモンの活性を低下させ、性欲減退や精液量の減少など性機能関連の副作用も多いと報告されています。
プロペシアと比較して、ソーパルメットは、現時点では、副作用は非常に少ないと云われています。

また、ソーパルメットの毒性を確認した所、特にないことが報告されています。

天然の果実エキスであるソーパルメットは、男女ともに副作用なしで、5αリダクターゼを抑制する作用が期待できると云われています。


注意事項

ソーパルメットと他の薬との併用による弊害は、現在まで特に報告されていません。

また、食べ合わせの注意事項の報告もない様です。

但し、妊婦または妊娠している可能性のある女性は、5αリダクターゼの抑制作用がありますので、服用は控えてください。

薄毛対策としては、ソーパルメットだけではなく、ビタミン類や亜鉛等のミネラル成分も、バランス良く摂取する必要があります。

関連コンテンツ

レスベラトロール副作用

レスベラトロールとは レスベラトロール(英語名:Resveratrol)とは、ポリフェノールの一種です。トランス型とシス型があります。 近年、レスベラトロールは、NHKでも話題となった、サ・・・

プラセンタ 副作用

プラセンタとは プラセンタ(Placenta)とは、哺乳類の胎盤のことです。 現在、一般に出回っているサプリメント等の製品には、豚(ブタ)や馬(ウマ)の胎盤を元に生成されております。 ・・・

オルニチン副作用

オルニチンとは オルニチン(ornithine, 略称 Orn)とは、たんぱく質を構成しない遊離アミノ酸の一種で、尿素回路を構成する物質でもあります。 オルニチンの主な働きには、以下のものが報・・・

セントジョーンズワート副作用

セントジョーンズワートとは セントジョーンズワートとは、一般的には、セイヨウオトギリソウ(Hypericum perforatum、西洋弟切草)と言う、ハーブを示します。 セント・ジョーン・・・

スピルリナ副作用

スピルリナとは スピルリナ(Spirulina)とは、アフリカや中南米の塩湖に生息している藻の一種です。 スピルリナには、食物繊維、たんぱく質、各種ビタミン・ミネラル等、大変豊富な栄養素が含ま・・・

プエラリア副作用

プエラリアとは プエラリアとは、プエラリア・ミリフィカ(Pueraria mirifica)のことです。 主に、タイ北部、ミャンマー山岳地帯等の、亜熱帯に自生するマメ科クズ属の植物です。 ・・・

カリウム副作用

カリウムとは カリウムとは、ミネラルの一種です。 カリウムは、体内で、生命活動を維持するための重要な役割をになっています。 通常、体内には、体重1kg当たり2gのカリウムが存在すると言わ・・・

シトルリン副作用

シトルリンとは シトルリンとは、アミノ酸の一種です。 体内にて、数段階を経て一酸化窒素に変換されるため、血流量をアップさせる作用が期待されます。 また、肝臓でもアンモニア解毒機能に作用し・・・

コエンザイム副作用

コエンザイムとは コエンザイムとは、コエンザイムQ10のことで、CoQ10とも表記します。 コエンザイムQ10は、身体の赤血球を除く全細胞に作用する栄養素で、主に細胞のエネルギー源である、AT・・・

カルシウム副作用

カルシウムとは カルシウムとは、元素の1つですが、身体の中で重要な働きをするミネラルです。 カルシウムが最も利用されているのは、骨や歯です。骨や歯に、体内のカルシウムの実に99%が存在しており・・・

ウコン、クルクミン副作用

ウコンとは(クルクミンとは) ウコンとは、ターメリックの日本名で、その中の成分であるクルクミンが、主にカレー粉や沢庵に使われております。 つまり、カレーや沢庵の黄色は、クルクミンです。 ・・・

ビタミン副作用

ビタミンとは ビタミンとは、体内で物質の代謝や調節をする働きのある微量栄養素です。 ビタミン自体は、エネルギーや身体の構成要素にはなりません。 尚、ビタミンは、体内では合成されませんので・・・