副作用大百科のTOPに戻る
「副作用大百科」トップ >  薬によるもの > オルメテック副作用


オルメテック副作用

オルメテックによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。

オルメテックとは

オルメテック(Olmetec)とは、高血圧症の薬です。

オルメテックは、オルメサルタン メドキソミル(Olmesartan medoxomil)を主成分とする、アンジオテンシン脅容体拮抗薬(ARB)で、主に高血圧症の治療に利用され、ケースによっては、心臓病、腎臓病の改善にも利用されます。

オルメサルタン メドキソミルは、アンジオテンシン兇瞭きを直接的に阻害します。

これにより、体の血管が広がり、さらに水分、電解質の調整がなされ、血圧の低下が期待されます。

日本では、第一三共株式会社により提供されております。

オルメテックは、ARB薬として、日本で4番目に認可された薬です。

ARB薬は、従来のACE阻害薬に近く、同等の作用が期待されると同時に、ACE阻害薬で多く見られた「咳」の副作用が、ほとんどないことが特徴です。

1日1回の服用で良いため、長期に渡って利用する際に適しています。

但し、妊娠中の女性や、妊娠の可能性のある女性は、禁忌です。


オルメテック副作用
さらに詳細な想定症状につきましてはこちらをご参照下さい。

重大な副作用には、以下のものが報告されております。

・アナフィラキシー様症状(不快感、発汗、口内異常感、
 じん麻疹、呼吸困難、全身潮紅、むくみ等)、
 重篤な高カリウム血症、ショック、血圧低下、失神、
 意識消失、冷感、嘔吐、黄疸、低血糖、脱力感、空腹感、
 冷汗、手の震え、集中力低下、痙攣、意識障害
・腎不全、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、
 GPT上昇、γ−GTP上昇、肝機能障害

これ以外の副作用には、下記のものがあります。

・腹痛
・過敏症、そう痒、発疹、貧血、血小板数減少、眩暈、
 立ちくらみ、ふらつき感、頭痛、頭重感、下痢、ALT上昇、
 GPT上昇、AST上昇、GOT上昇、γ−GTP上昇、
 LDH上昇、BUN上昇、血清クレアチニン上昇、CK上昇、
 CPK上昇、血清カリウム上昇、尿酸上昇、全身倦怠感、
 咳嗽
・白血球数増加、眠気、嘔気、嘔吐、口渇、心房細動、動悸、
 ほてり、Al−P上昇、尿蛋白陽性、尿沈渣陽性、浮腫、
 CRP上昇、トリグリセリド上昇
・高カリウム血症
・急速に腎機能を悪化、急激な血圧低下、脳梗塞、
 羊水過少症、死亡、低血圧、腎不全、高カリウム血症、
 頭蓋形成不全、四肢拘縮、頭蓋顔面変形、肺形成不全、
 出生仔腎盂拡張、出生仔死亡、出生仔体重減少、
 出生仔体重増加抑制、生後分化遅延

さらに詳細な想定症状につきましてはこちらをご参照下さい。

注意事項

持病、アレルギーのある方、妊娠中の方は、医師に申告しましょう。

服用中の薬がある方も、医師に申告しましょう。

尚、オルメテックは、1日1回の服用で良いので、副作用を考慮し、例えば朝の通勤時間等の活動期を避けて服用することも可能です。

つまり、昼食後や、夕食後の服用でも差し支えありません。ご自身の状況に応じて、医師と相談の上、服用方法を決めましょう。

以下の方への服用は、基本的に禁忌です。

・オルメテックによる過敏症の既往歴のある方
・両側性腎動脈狭窄、片腎で腎動脈狭窄、高カリウム血症
・重い肝機能障害
・原則手術前24時間
・妊婦、妊娠の可能性のある方、授乳中の方

以下の方への服用は、慎重に行う必要があります。

・重篤な腎機能障害、血清クレアチニン値が3.0mg/dL以上、
 肝機能障害、脳血管障害
・血液透析中、厳重な減塩療法中、利尿降圧剤投与中、
 糖尿病治療中
・血清カリウム値が高くなりやすい、血液透析中、
 厳重な減塩療法中、利尿降圧剤投与中、腎機能障害


以下の薬や成分との併用は、禁忌です。

・カモスタットメシル酸塩製剤
・メトホルミン塩酸塩製剤


以下の薬や成分との併用は、慎重に行う必要があります。

・塩化カリウム
・利尿降圧剤投与中
・スピロノラクトン
・トリアムテレン
・カリウム保持性利尿剤
・カリウム補給剤

関連コンテンツ

メルカゾール副作用

メルカゾールとは メルカゾール錠(英語名:MERCAZOLE )とは、チアマゾール(Thiamazole)を主成分とする、甲状腺ホルモンを抑える薬です。 通常、バセドウ病などの甲状腺機能亢・・・

エビオス錠 副作用

エビオス錠とは エビオス錠(英語名:EBIOS)とは、アサヒフードアンドヘルスケアから販売されている、市販の胃腸薬です。 エビオス錠の主成分は、天然素材のビール酵母です。 このビール・・・

バルトレックス副作用

バルトレックスとは バルトレックス錠(英語名:VALTREX )とは、バラシクロビル塩酸塩(Valaciclovir Hydrochloride)を主成分とする、アシクロビル系の抗ウイルス化学療・・・

アドエア副作用

アドエアとは アドエア錠(英語名:Adoair)とは、サルメテロールキシナホ酸塩(Salmeterol xinafoate)、フルチカゾンプロピオン酸エステル(Fluticasone propi・・・

フェロミア副作用

フェロミアとは フェロミア錠(英語名:Ferromia)とは、クエン酸第一鉄ナトリウムを主成分とする鉄剤の一種です。 主に、鉄欠乏性貧血を改善するための、鉄分を補充する薬です。 フェ・・・

シムビコート副作用

シムビコートとは シムビコートとは、通常、シムビコートタービュヘイラー(Symbicort Turbuhaler)のことを示します。 シムビコートタービュヘイラーは、ブデソニド(Budes・・・

ストラテラ副作用

ストラテラとは ストラテラ(Strattera)とは、アトモキセチン塩酸塩(Atomoxetine Hydrochloride)を主成分とする、注意力や集中力を高め、物忘れや落ち着きのなさを軽減・・・

ヘパリーゼ副作用

ヘパリーゼとは ヘパリーゼ(Heparlyse)とは、ゼリア新薬工業が販売している、肝臓水解物を主成分とする、肝機能を改善する、滋養強壮剤です。 ドリンク剤タイプと、錠剤タイプがあり、何れ・・・

レンドルミン副作用

レンドルミンとは レンドルミンとは、睡眠剤であり、不眠症治療剤として利用されています。 レンドルミンは、ブロチゾラム (Brotizolam)成分を利用した、ベンゾジアゼピン系の短時間型睡眠導・・・

フィンペシア副作用

AGA治療は、専門医の総合的な判断の元で治療を受けるのがベストです。また、無料にてメール相談やカウンセリングが受けられます。こちらに、各地域ごとにAGA治療を受けられるクリニックをリストアップしました・・・

ウテメリン副作用

ウテメリンとは(ウテメリン錠とは) ウテメリン(ウテメリン錠)とは、切迫流産や切迫早産の可能性がある場合に利用する薬です。交感神経を刺激することにより子宮に作用し、筋肉の収縮を抑制します。 ・・・

麻酔 副作用

麻酔とは 麻酔とは、薬を利用して痛みや身体の反射を抑制し、手術などのストレスを緩和する手法のことを指します。 大きく分けて以下の2つの種類があります。 ・全身麻酔(意識が無くなります・・・

抗生物質 副作用

抗生物質とは 抗生物質とは、体内の細菌を殺す薬です。 古くはペニシリン系をはじめ、現在では、セフェム系、キノロン系、ニューキノロン系、アミノグリコシド系、テトラサイクリン系など様々な抗生物・・・

ゼニカル副作用(ゼニカル錠)

ゼニカルとは(ゼニカル錠とは) ゼニカル(ゼニカル錠)とは、摂取した食物の脂肪を体内へ吸収することを阻害することにより、そのまま体外へ排泄させる、新しいタイプの肥満治療薬です。 ゼニカル(・・・

エビリファイ副作用(エビリファイ錠)

エビリファイによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 エビリファイとは(エビリファイ錠とは) エビリファイ(エビリファイ錠)とは、主に統合失調症の治療薬として利用されている非定型・・・

タクロリムス副作用

タクロリムスによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 タクロリムスとは タクロリムス(Tacrolimus)とは、身体の免疫を抑制する免疫抑制剤です。 タクロリムスは、正式・・・

リスパダール副作用(リスパダール錠)

リスパダールとは(リスパダール錠とは) リスパダール(リスパダール錠)とは、セロトニン・ドーパミン拮抗薬(SDA)にカテゴライズされる、非定型抗精神病薬です。(略称はRPD) リスパダール・・・

レミニール副作用(レミニール錠)

さらに詳細な想定される症状はこちらをご参照下さい。 レミニールとは(レミニール錠とは) レミニール(レミニール錠)とは、認知症の症状を軽減する薬です。アルツハイマー型認知症の症状の進行抑制・・・

ラシックス副作用(ラシックス錠)

ラシックスによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 ラシックスとは(ラシックス錠とは) ラシックス(ラシックス錠)とは、強力な利尿薬です。 ラシックス(Lasix)の主成分・・・

クラリチン副作用(クラリチン錠)

クラリチンによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 クラリチンとは(クラリチン錠とは) クラリチン(クラリチン錠)とは、花粉症をはじめ、アレルギー性疾患を抑える、抗ヒスタミン薬で・・・