副作用大百科のTOPに戻る
「副作用大百科」トップ >  薬によるもの > ロキソニン副作用


ロキソニン副作用

ロキソニンによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。

ロキソニンテープによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。

ロキソニンとは

ロキソニン(Loxonin)とは、炎症を緩和し、痛みを抑え、熱を下げる薬です。

ロキソプロフェンナトリウム水和物(Loxoprofen sodium hydrate)を、主成分とする薬で、内服薬と、外用薬があります。
プロスタグランジン(PG)の合成酵素である、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することにより、炎症や発熱を抑制します。

非ステロイド系の抗炎症薬(NSAID)の1つで、痛み全般に使われております。
バランスの良い、解熱、鎮痛、消炎作用を持ち、副作用は、少ないと言われております。

安全性が高く、関節リウマチ等の関節痛、腰痛、歯痛、抜歯後の鎮痛・消炎、手術・外傷後の鎮痛・消炎、解熱、筋肉痛、等に効果があります。

ロキソニンは、対症療法薬であり、第一三共(Daiichi Sankyo Pharmaceutical Co.,Ltd.)が、製造・販売しています。

ロキソニンのジェネリック医薬品としては、以下のものがあります。(以下をクリックすると、各々のさらに詳細な想定症状が表示されます)

ウナスチン錠60mg
オキミナス錠60mg
カンファタニン錠60mg
ケンタン錠60mg
コバロキニン錠60mg
サンロキソ錠60mg
スリノフェン錠60mg
ツルメリン錠60mg
ノブフェン錠60mg
リンゲリーズ錠60mg
レトラック錠60mg
ロキソート錠60mg
ロキソプロフェンナトリウム錠60mg
ロキソプロフェン錠60mg
ロキソマリン錠60mg
ロキフェン錠60mg
ロキプロナール錠60mg
ロキペイン錠60mg
ロゼオール錠60mg
ロブ錠60mg
ロルフェナミン錠60mg


ロキソニン副作用

ロキソニンによる、さらに詳細な想定症状はこちらをご参照下さい。

ロキソニンテープによる、さらに詳細な想定症状はこちらをご参照下さい。

一番多い副作用は胃腸症状です。

重大な副作用、副反応には、以下のものが報告されております。

・喘息発作、ショック、アナフィラキシー様症状
・心不全、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少
・消化性潰瘍、胃腸出血、胃痛、腹痛、下血、吐血
・肝機能障害、黄疸
・急性腎不全、ネフローゼ症候群
・皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、無菌性髄膜炎

これ以外の副作用、副反応には、下記のものがあります。

・胃痛、腹痛、吐き気、吐く、口内炎、食欲不振
・肝臓、腎臓の機能低下、むくみ
・発疹、じんま疹
・かゆみ、かぶれ、発赤、発疹、刺激感

ロキソニンによる、さらに詳細な想定症状はこちらをご参照下さい。

ロキソニンテープによる、さらに詳細な想定症状はこちらをご参照下さい。

注意事項

鎮痛薬、解熱薬等で喘息を発症した経験のある方は、禁忌です。(アスピリン喘息等)
胃潰瘍等、消化性潰瘍のある方も、基本的には服用を避けて下さい。
喘息、腎臓病、肝臓病、心臓病、血液の病気等の方も、利用不可のケースがあります。

又、副作用を発症しやすい高齢の方も、注意が必要です。

妊娠中は、なるべく服用を避ける必要があります。
特に、妊娠末期の長期連用は避けて下さい。

以下の薬との飲み合わせに注意。医師と相談すること。

・抗凝血薬ワルファリン
・リウマチ薬メトトレキサート(リウマトレックス)
・気分安定薬リチウム(リーマス)
・キノロン系抗菌薬
・チアジド系利尿薬

飲酒は、控えめに。大量のアルコールによって、肝臓や胃腸の副作用を誘発する場合があります。

関連コンテンツ

メルカゾール副作用

メルカゾールとは メルカゾール錠(英語名:MERCAZOLE )とは、チアマゾール(Thiamazole)を主成分とする、甲状腺ホルモンを抑える薬です。 通常、バセドウ病などの甲状腺機能亢・・・

エビオス錠 副作用

エビオス錠とは エビオス錠(英語名:EBIOS)とは、アサヒフードアンドヘルスケアから販売されている、市販の胃腸薬です。 エビオス錠の主成分は、天然素材のビール酵母です。 このビール・・・

バルトレックス副作用

バルトレックスとは バルトレックス錠(英語名:VALTREX )とは、バラシクロビル塩酸塩(Valaciclovir Hydrochloride)を主成分とする、アシクロビル系の抗ウイルス化学療・・・

アドエア副作用

アドエアとは アドエア錠(英語名:Adoair)とは、サルメテロールキシナホ酸塩(Salmeterol xinafoate)、フルチカゾンプロピオン酸エステル(Fluticasone propi・・・

フェロミア副作用

フェロミアとは フェロミア錠(英語名:Ferromia)とは、クエン酸第一鉄ナトリウムを主成分とする鉄剤の一種です。 主に、鉄欠乏性貧血を改善するための、鉄分を補充する薬です。 フェ・・・

シムビコート副作用

シムビコートとは シムビコートとは、通常、シムビコートタービュヘイラー(Symbicort Turbuhaler)のことを示します。 シムビコートタービュヘイラーは、ブデソニド(Budes・・・

ストラテラ副作用

ストラテラとは ストラテラ(Strattera)とは、アトモキセチン塩酸塩(Atomoxetine Hydrochloride)を主成分とする、注意力や集中力を高め、物忘れや落ち着きのなさを軽減・・・

ヘパリーゼ副作用

ヘパリーゼとは ヘパリーゼ(Heparlyse)とは、ゼリア新薬工業が販売している、肝臓水解物を主成分とする、肝機能を改善する、滋養強壮剤です。 ドリンク剤タイプと、錠剤タイプがあり、何れ・・・

レンドルミン副作用

レンドルミンとは レンドルミンとは、睡眠剤であり、不眠症治療剤として利用されています。 レンドルミンは、ブロチゾラム (Brotizolam)成分を利用した、ベンゾジアゼピン系の短時間型睡眠導・・・

フィンペシア副作用

AGA治療は、専門医の総合的な判断の元で治療を受けるのがベストです。また、無料にてメール相談やカウンセリングが受けられます。こちらに、各地域ごとにAGA治療を受けられるクリニックをリストアップしました・・・

ウテメリン副作用

ウテメリンとは(ウテメリン錠とは) ウテメリン(ウテメリン錠)とは、切迫流産や切迫早産の可能性がある場合に利用する薬です。交感神経を刺激することにより子宮に作用し、筋肉の収縮を抑制します。 ・・・

麻酔 副作用

麻酔とは 麻酔とは、薬を利用して痛みや身体の反射を抑制し、手術などのストレスを緩和する手法のことを指します。 大きく分けて以下の2つの種類があります。 ・全身麻酔(意識が無くなります・・・

抗生物質 副作用

抗生物質とは 抗生物質とは、体内の細菌を殺す薬です。 古くはペニシリン系をはじめ、現在では、セフェム系、キノロン系、ニューキノロン系、アミノグリコシド系、テトラサイクリン系など様々な抗生物・・・

ゼニカル副作用(ゼニカル錠)

ゼニカルとは(ゼニカル錠とは) ゼニカル(ゼニカル錠)とは、摂取した食物の脂肪を体内へ吸収することを阻害することにより、そのまま体外へ排泄させる、新しいタイプの肥満治療薬です。 ゼニカル(・・・

エビリファイ副作用(エビリファイ錠)

エビリファイによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 エビリファイとは(エビリファイ錠とは) エビリファイ(エビリファイ錠)とは、主に統合失調症の治療薬として利用されている非定型・・・

タクロリムス副作用

タクロリムスによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 タクロリムスとは タクロリムス(Tacrolimus)とは、身体の免疫を抑制する免疫抑制剤です。 タクロリムスは、正式・・・

リスパダール副作用(リスパダール錠)

リスパダールとは(リスパダール錠とは) リスパダール(リスパダール錠)とは、セロトニン・ドーパミン拮抗薬(SDA)にカテゴライズされる、非定型抗精神病薬です。(略称はRPD) リスパダール・・・

レミニール副作用(レミニール錠)

さらに詳細な想定される症状はこちらをご参照下さい。 レミニールとは(レミニール錠とは) レミニール(レミニール錠)とは、認知症の症状を軽減する薬です。アルツハイマー型認知症の症状の進行抑制・・・

ラシックス副作用(ラシックス錠)

ラシックスによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 ラシックスとは(ラシックス錠とは) ラシックス(ラシックス錠)とは、強力な利尿薬です。 ラシックス(Lasix)の主成分・・・

クラリチン副作用(クラリチン錠)

クラリチンによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 クラリチンとは(クラリチン錠とは) クラリチン(クラリチン錠)とは、花粉症をはじめ、アレルギー性疾患を抑える、抗ヒスタミン薬で・・・


「ロキソニン副作用」のトップへ↑
「副作用大百科」のトップへ↑